セミナープログラム
    コンテンツ東京 特別講演<コンテンツビジネス>
    無料
    2022年06月29日(水)
    12:3013:30
    CT-B1
    情報飽和時代のコンテンツビジネス (協力: 新R25)
    コンテンツビジネス

    情報飽和時代を生き残るコンテンツ制作と発信のカギ

    新R25 編集長 渡辺 将基

    アトム法律事務所 弁護士法人 アトム弁護士法人代表 岡野 武志

    (株)ケイコンテンツ 代表取締役 平山 勝雄
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    YouTubeを始めとした多様なメディアの普及により、誰もがプレイヤーになれる環境となった今、自分が発見されること(=バズること)が生き残りの第一歩となり、その後にファンに定着してもらうことも、クリエイターたちにとって必須の課題となっている。バズり、ファンを定着させ、情報飽和時代を生き残る。そのためのコンテンツの作り方・発信方法とは?独自の手法でファンを獲得し続ける、『トクサンTV』プロデューサーの平山氏、『アトム法律事務所』岡野氏、新R25の渡辺氏の3名が語る!

    <講演者プロフィール>
    ●渡辺 将基
    『新R25』編集長。2008年株式会社モンスター・ラボに入社し、Webサービスやスマートフォンアプリの受託開発における企画営業およびプロジェクトマネージャーを経験。株式会社カカクコムを経て、2012年株式会社サイバーエージェントに入社し、社長室にてコミュニティサービスのアドバイザリー業務に従事。2014年からWebメディアの運営に携わり、2017年9月に若手ビジネスパーソン向けメディア『新R25』を創刊、編集長に就任。

    ●岡野 武志
    日本一の弁護士ユーチューバー
    アトム法律事務所弁護士法人代表 第二東京弁護士会所属
    高校卒業後、渡米。10年間のフリーター生活を経て、28 歳で司法試験に合格。
    単身でアトム東京法律事務所を設立。
    多くのテレビドラマの法律監修や情報番組のコメンテーターを担当するなどマルチに活躍。
    また法律をテーマにした動画配信でYouTuberとしても高い人気を誇り、チャンネル登録者数は100万人となっている。
    実績
    ・YouTube国内ショート動画クリエイターランキング第1位(2021)
    ・TikTok CREATOR AWARD ティーチャー部門 最優秀賞(2021)

    ●平山 勝雄
    1978年・大阪府出身。
    日テレ系準キー局・読売テレビにて「ダウンタウンDX」「秘密のケンミンSHOW」「どっちの料理ショー」「ワケあり!レッドゾーン」など全国ネット番組を中心にディレクター・プロデューサー・演出を歴任。
    2020年3月、読売テレビを退社。
    No.1野球 YouTubeチャンネル「トクサンTV」(67万登録)、「弾丸ライナーズ」(23万登録)を立ち上げから育て、漫画系YouTubeチャンネル「ヒューマンバグ大学」(138万登録)、「マリマリマリー」(83万登録)などの超人気YouTubeチャンネルを手がける。現在、立上げ運営から関わったYouTubeチャンネルの総登録者数は415万人を突破。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<コンテンツビジネス>
    無料
    2022年06月30日(木)
    12:3013:30
    CT-B2
    クリエイターエコノミー時代の到来  (協力:クリエイターエコノミー協会)
    コンテンツビジネス

    クリエイターエコノミーの成長展望 ~今後の課題と広がる可能性~

    UUUM(株) 常務執行役員 市川 義典

    note(株) noteプロデューサー 徳力 基彦
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演者プロフィール>
    ●市川 義典
    映像音響会社、インターネットメディアレップを経て2015年UUUM入社。メディアプラン設計や企画開発などの経験を活かし、企業とYouTubeクリエイターのコラボレーションや、インフルエンサーへの制作支援、現在はコンテクストドリブンマーケティングを推奨し、マーケティングにおけるインフルエンサー活用の啓蒙活動に従事。

    ●徳力 基彦
    NTTやIT系コンサルティングファーム等を経て、アジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。代表取締役社長や取締役CMOを歴任。現在はnoteプロデューサーとして、ビジネスパーソンや企業におけるnoteやSNS活用のサポートを行っている。個人でも、日経MJやYahooニュース!個人のコラム連載等、幅広い活動を行っており、著書に「普通の人のためのSNSの教科書」、「アルファブロガー」等がある。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<コンテンツビジネス>
    無料
    2022年07月01日(金)
    10:0011:00
    CT-B3
    DAOが実現する新たなエンタメ制作とは
    コンテンツビジネス

    日本初のエンタメDAO『SUPER SAPIENSS』が目指すクリエイターエコノミーの形

    (株)オフィスクレッシェンド 演出家 映画監督 堤 幸彦

    (株)プロダクションI.G 映画監督・演出家 本広 克行

    (株) 共同テレビジョン 第一制作部 ゼネラルディレクター 佐藤 祐市

    (株) アットムービー 代表取締役・プロデューサー 森谷 雄

    (株) Thirdverse 代表取締役CEO・ファウンダー/(株) フィナンシェ 代表取締役CEO・ファウンダー 國光 宏尚

    (株)コルク 代表取締役社長 佐渡島 庸平
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    DAOとは、日本語で“自律分散型組織”と呼ばれ、ブロックチェーンソリューションなどを取り入れて、自律的に運営されるコミュニティである。『SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)』は、日本のエンタメ・映画界を牽引してきた3人の映像監督『堤幸彦・本広克行・佐藤祐市』が共同で制作指揮をとり、サポーターと一丸となって日本の映像業界史上初となる【原作づくりから映像化に至る全プロセスの一気通貫】に挑むプロジェクトである。発起人の監督と、作品共創に携わるアットムービー森谷氏、サードバース國光氏、コルク佐渡島氏が、日本初のエンタメDAOとクリエイターエコノミーの未来を語る!

    <講演者プロフィール>
    ●堤 幸彦
    1955年生まれ 愛知県出身。1988年にオムニバス映画『バカヤロー!私、怒ってます』(森田芳光総指揮)内の1篇『英語がなんだ!』で映画監督デビュー。「金田一少年の事件簿」「ケイゾク」「池袋ウエストゲートパーク」「トリック」「SPEC」など、話題ドラマを次々と生み出す。主な映画作品に、『20世紀少年』三部作、『人魚の眠る家』、『ファーストラヴ』、『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』など。2015年に『イニシエーション・ラブ』『天空の蜂』で第40回記念報知映画賞・監督賞を受賞。

    ●本広 克行
    1965年生まれ。香川県出身。高校を卒業後、映画学校、映像制作会社を経て、1996年に初の映画監督作品『7月7日、晴れ』で劇場デビュー。2003年に公開された映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、日本映画(実写)興行収入記録歴代一位の座を獲得。その後もドラマ・演劇・アニメ・ゲーム・MV・ショートムービー・CMと、活動の場は多方面に渡る。2015年公開の映画『幕が上がる』(平田オリザ原作・ももいろクローバーZ主演)では、舞台版の演出も担当。最近作は映画『亜人』(2017年公開)、『曇天に笑う』(2018年公開)、『ブレイブ 群青戦記』(2021年公開)、連続ドラマ「ナンバMG5」(2022年4月クール)。

    ●佐藤 祐市
    東京都出身。演出家、映画監督。 共同テレビジョン所属。ドラマ「古畑任三郎」(99年)や「WATER BOYS」(03年)など多くの作品を演出。映画『キサラギ』(07年)が第50回ブルーリボン賞作品賞や第31回日本アカデミー賞優秀作品賞など、数々の賞を受賞。 代表作に「ストロベリーナイト」(13年)、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」、『累-かさね-』、『ういらぶ。』(18年)、『名もなき世界のエンドロール』(21年)など。

    ●森谷 雄
    愛知県生まれ。株式会社アットムービー代表取締役。「天体観測」(フジテレビ)、「ザ・クイズショウ」(日本テレビ)、「深夜食堂」(毎日放送)などのドラマをプロデュース。映画作品は『しあわせのパン』(三島有紀子監督)、『曇天に笑う』(本広克行監督) 『最初の晩餐』(常盤司郎監督)ほか多数。監督作品に『サムライフ』、『アニバーサリー』がある。著書に「母への100の質問状」などがある。「ええじゃないかとよはし映画祭」プロデューサー。最新プロデュース作品は「東京ラブストーリー」(FOD/Amazonプライム)、映画『ミッドナイトスワン』(内田英治監督/第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか9部門受賞)。

    ●國光 宏尚
    1974年生まれ。米国Santa Monica College卒業後、2004年5月株式会社アットムービーに入社。同年に取締役に就任し、映画・テレビドラマのプロデュース及び新規事業の立ち上げを担当する。2007年6月、株式会社gumiを設立し、代表取締役社長に就任。2021年7月に同社を退任。2021年8月より株式会社Thirdverse代表取締役CEOおよび株式会社フィナンシェ代表取締役CEOに就任。2021年9月よりgumi cryptos capital Managing Partnerに就任。

    ●佐渡島 庸平
    2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年講談社退社後、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテインメントのモデル構築を目指している。
    Twitter: @sadycork 
    YouTube【編集者 佐渡島チャンネル】 : https://bit.ly/3fopD9P

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<ブランディング・マーケティング>
    無料
    2022年06月29日(水)
    10:0010:45
    CT-M1
    企業価値を高めるパーパス・ブランディング
    ブランディング・マーケティング

    パーパスブランディングを成功に導くクリエイティブ活用  ~ Japan Branding Awards受賞企業の事例より~

    ヤマハ(株) 執行役員 ブランド戦略本部長 大村 寛子

    (株)インターブランドジャパン 代表取締役社長 兼 CEO 並木 将仁
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    ブランディングを結果だけで評価することは、ブランド活用に向けた正しい組織力構築に寄与しない。Japan Branding Awardsでは、プロセスと結果を統合的に評価することで、あるべき姿を浮き彫りにしている。特に、ヤマハのMake Waveは、ブランドプロミスに意味を持たせ、Cannes Lions Silver Lionsに輝いたクリエイティビティを最大限活用し、事業を通じてそれを具現化し続けている稀有な事例である。今回は、ヤマハCMO大村氏とインターブランド並木氏が、対談を通じてブランディングの本質を読み解いていく。

    <講演者プロフィール>
    ●大村 寛子
    1992年ヤマハ株式会社に入社。
    IT部門、製造部門を経て電子楽器の商品企画・開発、鍵盤楽器営業等を担当後、2018年にヤマハで初となるマーケティング全社部門を立ち上げる。
    2019年執行役員就任。2021年4月よりブランド戦略本部長としてブランド価値向上に取り組む。
    日本アドバータイザーズ協会理事。

    ●並木 将仁
    戦略コンサルティングファームにて、企業戦略、事業戦略、ブランディング、マーケティング、デジタル、イノベーション、組織変革などにおけるコンサルティングを中心に、包括的に企業の成長を支援。
    現在はInterbrand Japanの代表としてブランドを介した企業成長を支援。 特に、ブランドと経営の融合をトップレベルで実現することによる、日本企業の飛躍的成長に注力。
    ブランディング支援においては、ブランド基軸の成長戦略策定、事業戦略のブランド体験としての具現化、カスタマーインサイトに基づくブランド体験設計、ブランド効果測定、ブランド活用による企業価値最大化、などにおいて経験多数。
    プライスウォーターハウスクーパーズ、マッキンゼーアンドカンパニー、カートサーモンを経てインターブランドに参画。
    • 学歴:ボストン大学経営学士号、HECおよびUTDT経営修士号
    • 著書(共著):「ブランディング 7つの原則」(日本経済新聞出版社)、「ブランディング7つの原則[実践編]」(日本経済新聞出版社)
    • 講演・取材・寄稿:日本経済新聞、ダイヤモンド、東洋経済、Financial Times、Forbes Japan、Nikkei Asia、Boston University、University of Utah、早稲田大学 招聘講師、事業構想大学院大学 客員教授、一橋大学、慶應大学、関西大学、他
    • 受賞歴:Red Dot Award: Agency of the Year 2020
    • 海外アワード審査員歴: WARC Awards for Asian Strategy 2021

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<ブランディング・マーケティング>
    無料
    2022年06月29日(水)
    15:0015:45
    CT-M2
    加速する「メタバースマーケティング」の可能性
    ブランディング・マーケティング

    メタバース空間における価値創造型DXの推進

    (株)博報堂 執行役員 HAKUHODO_DX UNITED担当 青木 雅人
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    デジタル化が進む中でモノ・店舗・街まで、生活者とのインターフェースが拡大し、その領域はメタバース空間にまで広がってきている。 本セッションでは、博報堂の、テクノロジードリブンな視点に留まらない“生活者発想×クリエイティビティ”を活かした価値創造型DXの取り組みを紹介する。

    <講演者プロフィール>
    1989年 慶応義塾大学卒業後、博報堂に入社。マーケティング、商品開発、ブランディング、買物行動研究等の業務に従事 2016年 博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センター室長。生活者データ基盤構築、AI・XR等のマーケティング領域での活用に関わる研究開発を推進。 2020年 博報堂 執行役員。博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ・DACがひとつながりで、マーケティングDX・メディアDXを一体で推進する組織「HAKUHODO DX_UNITED」を担当。

     

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<ブランディング・マーケティング>
    無料
    2022年06月30日(木)
    10:0010:45
    CT-M3
    トップクリエイターが語るブランディング
    ブランディング・マーケティング

    ブランドを輝かせるために、クリエイティブができることは

    (株)エイトブランディングデザイン 代表/ブランディングデザイナー 西澤 明洋
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    「ブランディングデザイン」をいち早く提唱し、企業や商品について戦略からコンセプト開発、企画、デザインまで一貫性あるブランディングデザインを数多く手がける西澤明洋氏が、企業における「クリエイティブ」の超実践的活用法を徹底解説。クリエイティブの必要性は感じるが、「何からはじめれば良いか分からない」「そもそもブランディングとマーケティングは違うのか?」という方に、具体的な成功例を交えながら紹介します。

    <講演者プロフィール>
    1976年滋賀県生まれ。株式会社エイトブランディングデザイン代表。
    「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行っている。「フォーカスRPCD®」という独自のデザイン開発手法により、リサーチからプランニング、コンセプト開発まで含めた、一貫性のあるブランディングデザインを数多く手がける。主な仕事にクラフトビール「COEDO」、抹茶カフェ「nana’s green tea」、ヤマサ醤油「鮮度生活」「まる生ぽん酢」、スキンケア「ユースキン」など。
    著書に『ブランディングデザインの教科書』、『ブランドをデザインする!』(パイ インターナショナル)ほか。グッドデザイン賞をはじめ、国内外100以上の賞を受賞。
    https://www.8brandingdesign.com/

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<ブランディング・マーケティング>
    無料
    2022年06月30日(木)
    15:0016:00
    CT-M4
    時代を勝ち抜く動画マーケティングの極意
    ブランディング・マーケティング

    2022年はTikTokマーケティング元年?コミュニケーションは動画で真似して楽しむ時代へ

    ワンメディア(株) 代表取締役 CEO 明石 ガクト

    (株)出前館 マーケティングコミュニケーション本部 榊原 あづみ

    日本ロレアル(株) イヴ・サンローラン・ボーテ事業部 コミュニケーション マネージャー 野山 佳世子
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    日経トレンディ「2021年ヒット商品ベスト30」で1位に選ばれた「TikTok売れ」。TikTokから商品が売れる現象は、様々なジャンルで顕在化しており今や若年層~シニア層まで幅広い世代でムーブメントを牽引するSNSへ躍進を遂げた。本セッションは、TikTokをマーケティングに活用する出前館 高木氏と日本ロレアル 野山氏、そしてワンメディアの明石氏が最先端のノウハウと明日から使えるTipsを中心に語り尽くす。

    <講演者プロフィール>
    ●明石 ガクト
    ワンメディア株式会社 代表取締役CEO 2014年にONE MEDIAを創業。独自の動画論をベースにYouTube、TikTok、Instagram等のSNSプラットフォーム向けのコンテンツを1,500本以上プロデュースしている。2018年に、自身初となる著書『動画2.0 VISUAL STORYTELLING』を上梓。 
    Twitter:@gakuto_akashi

    ●榊原 あづみ
    2016年LINE株式会社に入社。メディア事業部(現ポータル&サーチカンパニー)編集チームに配属。2019年O2Oカンパニートラベルサービスチームに異動。マーケティング業務に従事。2021年出前館事業部に異動、2022年より株式会社出前館に転籍。マーケティンググループに配属し、現在、販促企画やプロモーション業務に従事。

    ●野山 佳世子
    外資系ラグジュアリーブランド、クチュール系ビューティブランドのプロダクトマーケティングやデジタル マーケティング、PRなどを歴任。イベント、インフルエンサーを起用したSNSキャンペーンをビューティ業界ではいち早く取り入れ、数百のイベントを手掛ける。特に新しいデジタル領域のコミュニケーションを取り入れ続け、現在は、YSL BEAUTYのコミュニケーション マネージャーとして、広告、デジタルマーケティング、インフルエンサー マーケティング、PRなどの360°コミュニケーションを統括。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<ブランディング・マーケティング>
    無料
    2022年07月01日(金)
    10:0010:45
    CT-M5
    クリエイティブをマーケティングに活用するコツとは
    ブランディング・マーケティング

    ビームスは、アイデアをライセンスする  ~無限に広がるクリエイティブ・ブランディングの可能性~

    (株)ビームス クリエイティブ 代表取締役/(株)ビームス 取締役 池内 光
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    Not License business, But Sense business. 開始当初から今も変わらないビームスのライセンスビジネスへの取り組み方針です。パートナー企業様との協業の中で、どうすればBEAMSというブランドがより効果的に機能するか?様々なケーススタディと共にご紹介します。

    <講演者プロフィール>
    1971年生まれ。大学卒業後、(株)電通に入社。23年間の在籍期間、キャリアの前半は営業職、後半はクリエイティブ部署においてプロジェクトを司るプロデューサーとして大小さまざまな企画を手がけた。18年4月(株)ビームスへ入社、20年5月より現職。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<ブランディング・マーケティング>
    無料
    2022年07月01日(金)
    15:0015:45
    CT-M6
    コンテンツマーケティングの鍵!UGC戦略
    ブランディング・マーケティング

    ユーザーと向き合う、コンテンツコミュニケーションの未来型  ~ヱビスが考える、顧客文脈への寄り添い方~

    サッポロビール(株) マーケティング本部 ビール&RTD事業部 シニア メディア プランニング マネージャー 福吉 敬
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    ヱビスブランドでは、お客様との接点として通常の広告のみならず「コンテンツポータル」「WEBムービー」「ファンコミュニティ」など様々なアセットを通じてアプローチを図っています。「お客様に寄り添う」コミュニケーションの考え方とあり方についてお話します。

    <講演者プロフィール>
    1972年北九州市生まれ。多摩美術大学卒。国内酒類メーカーから外資メーカーを経て、2014年サッポロビール株式会社に入社。 2015年9月より、宣伝室のデジタル担当に着任。2021年4月より、ヱビスブランドにジョインし、ヱビスのコミュニケーションプランニングを担う立場となる。デジタルメディアを主要フィールドとし、複層的メディアプランニングから分析設計、イベントPRまで多岐にわたる業務を担当。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<キャラクター&ブランド活用>
    無料
    2022年06月29日(水)
    15:0016:00
    CT-C1
    IP活用の可能性 ~サスティナビリティなど~
    キャラクター&ブランド活用

    健康と環境への企業貢献を後押しするDisneyのキャラクター活用

    ウォルト・ディズニー・ジャパン(株) コンシューマ・プロダクツ             バイスプレジデント&ゼネラルマネージャー 井原 多美

    (株)三越伊勢丹 常務執行役員 営業本部店舗戦略統括部長 金原 章

    カゴメ(株) 野菜をとろうキャンペーン推進室 執行役員     野菜をとろうキャンペーン推進室長 宮地 雅典

    (株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長 陸川 和男
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    協力:( 一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)

    <講演概要>
    環境や健康への関心が高まる昨今、「人や社会、地球をヘルシーにする活動」を、ディズニー作品のストーリーの力で楽しい体験へ昇華させ、企業にも消費者にも新しい価値を提供するディズニーコンシューマ・プロダクツのパートナー向けプロジェクト「ディズニー ヘルシー・テイメント」を具体的な事例を交えてご紹介。

    <講演者プロフィール>
    ●井原 多美
    2008年にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社にテレビ部門のマーケティング統括として入社し、様々な部門のマーケティング統括やビジネス統轄を歴任。現在はコンシューマ・プロダクツ部門のゼネラルマネージャーとして日本のライセンシング・ビジネスおよびディズニーストアのビジネスを統括する。ディズニーに入社する前は、アディダス ジャパン株式会社、レオ・バーネット株式会社、株式会社大広ラジオテレビ局に勤務。香川県で生まれ、家族と共にマレーシアに8年間在住。上智大学外国語学部イスパニア語学科を卒業。

    ●金原 章
    1990年、株式会社伊勢丹へ入社。以降、百貨店事業の営業・店舗政策に長く携わる。2019 年、株式会社三越伊勢丹ホールディングス 執行役員 チーフオフィサー室長に着任し、CVCやイントレプレナー制度の促進を図る。2021年 同 常務執行役員 総務統括部長に着任。同年11月、初となるサステナビリティレポートを発刊し、企業としての環境保全、社会課題対応を推進。

    ●宮地 雅典
    1984 年カゴメ株式会社に入社後、営業を 10 年間経験し、マーケティング、営業マネジメントを担当。2011 年から中国支店長、執行役員名古屋支店長、執行役員大阪支店長、執行役員マーケティング本部長、2021年より、全社における社会課題の解決に向けた「野菜をとろうキャンペーン」の責任者である 執行役員 野菜をとろうキャンペーン推進室長に就任。

    ●陸川 和男
    広告・マーケティングの専門誌の編集者、マーケティング会社の研究員等を経て、2000年7月、株式会社キャラクター・データバンク(CDB)設立。CDB事業の統括を行うかたわら、キャラクタービジネスのアナリストとしてTV・新聞・雑誌等でのコメンテーターや執筆、講演活動なども行う。
    一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会専務理事。産業能率大学 コンテンツビジネス研究所 客員研究員。東京2020マスコット選考検討会議/マスコット審査会委員。
    著書には、「図解でわかるキャラクターマーケティング」(共著・日本能率協会マネジメントセンター刊)等がある。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<キャラクター&ブランド活用>
    無料
    2022年06月30日(木)
    12:3013:15
    CT-C2
    キャラクタービジネス最新事例
    キャラクター&ブランド活用

    サンリオの未来の構想について

    (株)サンリオ 代表取締役社⾧ 辻 朋邦
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    協力:( 一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)

    <講演概要>
    サンリオの企業理念である「みんななかよく」について。そしてそのゴールを達成するためにサンリオがどう進化したのか。進化したサンリオが新たに描く未来図とは。

    <講演者プロフィール>
    2011年3月、慶應義塾大学文学部卒業。2014年1月に株式会社サンリオに入社。2016年6月に取締役、2020年7月に代表取締役社長に就任し、現在に至る。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<キャラクター&ブランド活用>
    無料
    2022年07月01日(金)
    12:3013:30
    CT-C3
    ライセンス業界の最新動向
    キャラクター&ブランド活用

    推しエコノミーにみるキャラクター経済圏

    エンタメ社会学者 (株)Re entertainment 代表 中山 淳雄
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    協力:( 一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)

    <講演概要>
    ライセンスのグローバル化において20世紀の勝ちパターン(テレビメディアをおさえて映像から商品販促)から、この10年に開拓された21世紀勝ちパターン(BtoBでなくBtoC、海外ファンを巻き込みながらブランド価値向上)への転換重要性について話します。

    <講演者プロフィール>
    エンタメ社会学者。起業家・事業家(エンタメ企業のコンサルを行うRe entertainment創業(http://reentertainment.online))と学生・教員(早稲田・慶應・立命館)、政策アドバイザー(経産省コンテンツIPプロジェクト主査)を兼任しながら、コンテンツの海外展開をライフワークとする。
    著書に『推しエコノミー』『オタク経済圏創世記』『Third Wave of Japanese Games』『ソーシャルゲームだけがなぜ儲かるのか』ほか。
    前歴:リクルートスタッフィング、DeNA、デロイト、バンダイナムコスタジオ、ブシロードなどで10年以上北米、アジア向けにアニメ・ゲーム・スポーツの海外展開を担当。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information

    キャラクタービジネス最前線 -Z世代によって変化する市場環境-

    (株)キャラクター・データバンク 代表取締役社長 陸川 和男
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    協力:( 一社)キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)

    <講演概要>
    コロナ禍のなかで変化するキャラクター商品市場の最新動向について分かりやすく解説。特に市場に大きな影響力をもたらしているZ世代のコンテンツ嗜好や消費傾向など、その攻略のツボについて紹介する。

    <講演者プロフィール>
    広告・マーケティングの専門誌の編集者、マーケティング会社の研究員等を経て、2000年7月、株式会社キャラクター・データバンク(CDB)設立。CDB事業の統括を行うかたわら、キャラクタービジネスのアナリストとしてTV・新聞・雑誌等でのコメンテーターや執筆、講演活動なども行う。
    一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会専務理事。産業能率大学 コンテンツビジネス研究所 客員研究員。東京2020マスコット選考検討会議/マスコット審査会委員。
    著書には、「図解でわかるキャラクターマーケティング」(共著・日本能率協会マネジメントセンター刊)等がある。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<先端テクノロジー>
    無料
    2022年06月29日(水)
    12:3013:15
    CT-T1
    東京都が目指すデジタルツインの社会実装
    先端テクノロジー

    「東京都デジタルツイン」社会実装の現在地とこれから

    東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部 オープンデータ推進担当課長 元島 大輔

    東京都 デジタルサービス局戦略部 デジタルシフト推進担当課長 清水 直哉
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    内外・官民問わず急速に社会実装と活用が進むデジタルツイン。自治体デジタルツイン構築において先頭を走る東京都「デジタルツイン実現プロジェクト」ならびに関連事業の進捗と今後について、具体例を交え解説する。なお本公演ではデジタルツインの基礎事項は割愛するため、以下サイトにて事前にご確認されたい。https://info.tokyo-digitaltwin.metro.tokyo.lg.jp/

    <講演者プロフィール>
    ●元島 大輔
    2003年3月早稲田大学卒、経営管理修士(MBA)。メガバンクに新卒入社、営業・経営企画・人事関連業務に従事。2020年入都、デジタルツイン実現プロジェクトの主管として事業全般をリードしている。

    ●清水 直哉
    2003年3月慶應義塾大学卒。ISPにてネットワークやWeb・スマホアプリ等のサービス企画・運用等を担当、大手SIerのスマートシティ部門で事業企画に従事。2017年入都、オープンデータやデジタルツインなど、都のデジタルシフトの推進に携わる。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<先端テクノロジー>
    無料
    2022年06月30日(木)
    10:0010:45
    CT-T2
    テクノロジーが叶える最新エンターテイメント
    先端テクノロジー

    音楽産業が見据えるWEB3とメタバースが広げる新しいエンタメの世界

    エイベックス・テクノロジーズ(株) 代表取締役 岩永 朝陽
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    エイベックスが発表したSandboxでのメタバース展開を事例に、Web3とメタバースがエンタメ産業に及ぼす影響と未来について語ります。

    <講演者プロフィール>
    99年よりシリコンバレーのベンチャー企業で EC サービスの立ち上げに参画。帰国後、日立にてシステム開発、外資系企業にて放送・ VOD 関連の エンターテインメント事業でプロダクトマネージャーとして9 年、さらに海外ゲームパブリッシングなどを経て、 2018 年株式会社 aNCHORの代表取締役に就任。 
    2019 年 4 月エイベックス株式会社 執行役員、 2019 年 5 月エイベックス・テクノロジーズ株式会社 代表取締役に就任。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    コンテンツ東京 特別講演<先端テクノロジー>
    無料
    2022年07月01日(金)
    12:3013:15
    CT-T3
    バーチャルヒューマンの可能性
    先端テクノロジー

    バーチャルヒューマンが可能にする、新しい社会価値の創造と提供

    KDDI(株) 5G・xRサービス企画開発部 サービス・プロダクト企画1Gグループリーダー /au VISION STUDIO Founder 水田 修
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    コロナ禍を受けて大きく変化する社会にバーチャルヒューマンはどのような価値提供を目指せるか?テクノロジーの進化を踏まえた可能性について紹介する。

    <講演者プロフィール>
    2017年からXRを中心とした新規ニーズの発掘・事業創出を中心に活動し、5G立ち上げ期からエンターテインメント分野や都市のDXに関与。2021年にテクノロジーとアイデアを駆使して3年後のあたりまえを創るクリエイティブチーム”au VISION STUDIO”を立上げ、アイデア創出から体験設計、クリエイティブ制作まで一気通貫で企画制作を行うスタイルで社内外の事業創出を推進。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    XR総合展 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    10:0011:00
    XR-1
    XRの可能性
    XR・メタバース

    NTTドコモが語るメタバースの可能性とビジネス展望

    (株)NTTドコモ ビジネスクリエーション部 XR推進室長 岩村 幹生
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    NTTドコモでは、2022年3月に提供開始したマルチデバイス型メタバース「XR World」をはじめ、メタバースに関するサービス提供や研究開発に精力的に取り組んでいる。本講演では、メタバースの可能性とビジネス展望について、NTTドコモの取り組みを交えながら紹介する。

    <講演者プロフィール>
    NTTドコモに入社後、R&D部門で3G/4G/5G標準化・開発等に従事したのち、現職では、ビジネスクリエーション部・XR推進室長として、メタバースを始めとする各種XRサービスの企画・開発・運営を担う。XRを使って現実・仮想世界を編集し、自由な表現のできる媒体を提供、夢や思いを共感しあえる世界の実現を目指す。通信事業者のレゾンデートルを考え、サービス、プラットフォームからデバイスまで、一気通貫で新しい顧客体験価値を創出し、世の中の「通信」を次の文化レベルに持ち上げたい。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information

    Mixed Reality で実現するコラボレーティブコンピューティングの世界とその活用展望

    日本マイクロソフト(株) Mixed Reality マーケティング プロダクトマーケティングマネージャー 上田 欣典
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    企業の現場 DX で活用が進む Mixed Reality や HoloLens 2 は、メタバース時代の新たなコラボレーションを実現する手段として、現場だけでなく、ナレッジワーカーを含む、さまざまな領域で活用が進んでいきます。本セッションでは、コラボレーティブコンピューティングの世界とその活用展望について、最新テクノロジーや活用事例を踏まえてご紹介します。

    <講演者プロフィール>
    HoloLens を含む Mixed Reality 製品のプロダクトマーケティングを担当。2017年の初代 HoloLens の日本市場での立上げをはじめ、Mixed Reality 製品群の日本市場での立上げや、法人市場での普及に向けた様々な Mixed Reality ビジネスの GTM に従事。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    XR総合展 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    15:0015:45
    XR-2
    メタバースは世界をどう変えるか
    XR・メタバース

    メタバースで世界がどう変わるのか?その実態と可能性を語る

    (株)Thirdverse 代表取締役CEO・ファウンダー/(株)フィナンシェ 代表取締役CEO・ファウンダー 國光 宏尚
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    驚異的な勢いで成長し、企業の参入が相次ぐメタバースの世界。この勢いは今後どうなるのか、バーチャル空間はどこまで社会に浸透していくのだろうか?Thirdverseファウンダーの國光氏が、メタバースの本質と今後の可能性について語る。

    <講演者プロフィール>
    1974年生まれ。米国Santa Monica College卒業後、2004年5月株式会社アットムービーに入社。同年に取締役に就任し、映画・テレビドラマのプロデュース及び新規事業の立ち上げを担当する。2007年6月、株式会社gumiを設立し、代表取締役社長に就任。2021年7月に同社を退任。2021年8月より株式会社Thirdverse代表取締役CEOおよび株式会社フィナンシェ代表取締役CEOに就任。2021年9月よりgumi cryptos capital Managing Partnerに就任。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    XR総合展 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    15:0016:00
    XR-3
    XR技術によるDXの実現
    XR・メタバース

    XR技術はここまで来た!NVIDIAが目指すバーチャル空間でのコラボレーション

    エヌビディア(同) エンタープライズマーケティング シニアマネージャ 田中 秀明

    トヨタ自動車(株) 開発試作部 主幹 栢野 浩一
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    NVIDIA Omniverseがさらに進化。ライブシンクはそのままにVR/AR対応、リアルタイムレイトレーシングVR、CloudXRストリーミングなど、これまでの概念を変える最新XRソリューションをご紹介。ゲストにトヨタ自動車様をお迎えして、XRのこれからをディスカッションする。

    <講演者プロフィール>
    ●田中 秀明
    日本ヒューレット・パッカードにて、UNIXシステム、CADワークステーションのサポートを経て、1995年からプロダクトマーケティングとしてネットワーク、デスクトップPC、ワークステーション、エンタープライズサーバー製品を担当する。2016年にNVIDIAに入社、現在プロフェッショナルビジュアライゼーションのマーケティング担当に従事している。

    ●栢野 浩一
    トヨタ自動車に入社後、情報部門に所属。技術、生技、販売、サービスなど幅広い分野で、ITと3Dデータを活用した新規プロジェクトを企画推進する。20年以上にわたりDX(デジタルツイン、デジタルエンジニアリング)に従事している。最近ではARグラスやVR、HoloLensなど用いたXR活用と、それらのプラットフォームとなるMetaverse技術の利活用に挑戦中。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容に多少の変更がある場合、およびテキスト配付の無い場合もございます。あらかじめご了承ください。
PAGE TOP