セミナープログラム
    Japan Event Week 基調講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    14:0015:00
    LE-K
    基調講演
    基調講演 イベント ライブ・エンターテイメント

    コロナ禍で変容したライブ・エンターテイメント、イベントの今後の可能性を探る

    (株)ディスクガレージホールディングス グループ代表 中西 健夫

    The Human Miracle(株) クリエイティブ・ディレクター 小橋 賢児
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    長期化するコロナ禍に左右されてきたライブ・エンターテイメントとイベント業界。パンデミック以降、音楽ライブ業界の再活性化に取り組んできた中西氏と、大阪・関西万博の催事プロデューサー小橋賢児氏が、業界全体としての取り組みと、今後のイベント復活へ向けた動きを語る。

    <講演者プロフィール>
    ●中西 健夫
    ・1956年生まれ。81年に株式会社ディスクガレージに入社、97年より代表取締役社長に就任。
    ・18年に同社取締役会長就任、並びに株式会社ディスクガレージホールディングスを設立し、同グループ代表
     に就任。
    ・12年から一般社団法人コンサートプロモーターズ協会 会長も兼任。
    ・19年4月より、スポーツ業界と音楽業界が手を組み、理想的なスタジアム・アリーナ像の実現を目指す
     ECSA(Entertainment Committee for STADIUM・ARENA)設立に携わり、代表理事副会長を兼任。

    ●小橋 賢児
    1979年8月19日、東京都生まれ。88年に子役としてデビューし、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」など数多くのドラマ、映画、舞台作品に出演し、2007年に俳優活動を休止。米国留学、世界中を旅した後、映画、イベント制作を開始。12年、車いすの男性との旅をドキュメンタリーで追った映画「DON’T STOP!」で監督デビュー。以降は、「ULTRA JAPAN」などの大型海外イベントを日本で実現させ、クリエイティブディレクターも務めてきた。17年からは未来型花火エンターテイメント「STAR ISLAND」の総合プロデュースを務め、内閣府主催「クールジャパン・マッチングフォーラム2017」の審査員特別賞を受賞。19年の東京モーターショーでは、500機のドローンを使用した夜空のスペクタルショー「CONTACT」を仕掛け、20年に「第6回JACEイベントアワード」最優秀賞・経済産業大臣賞(日本イベント大賞)を受賞。
    東京2020パラリンピック競技大会では、閉会式のショーディレクターを務め、2025年に開催予定の日本国際博覧会(大阪・関西万博)催事企画プロデューサーに就任。
    その他、新しい才能をプロデュースするアートプロジェクトART BASE ZEROを発足したり、都市開発、地方創生に関わるなど常に時代に新しい価値を提供し続けている。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    10:0010:45
    LE-1
    エンタメ×NFTの可能性
    ライブ・エンターテイメント

    エンタテインメント × NFT ~基礎知識と広がる可能性~

    ParadeAll(株) 代表取締役 エンターテック・コンサルタント 鈴木 貴歩
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    2021年から急速に話題となったNFT。国内外で急速に拡がり、新たなビジネスが産まれている。デジタルコンテンツを自由な価格、内容、売り方で販売でき、国境を超えたIP輸出が可能になる、エンタテインメントxNFTの可能性を、様々なWeb3.0プロジェクトに関わる立場から解説する。

    <講演者プロフィール>
    ゲーム会社、放送局でコンテンツ企画、事業開発を担当した後に、2009年にユニバーサルミュージック合同会社に入社。デジタル本部本部長他を歴任し、音楽配信売上の拡大、全社のデジタル戦略の推進、国内外のプラットフォーム企業との事業開発をリードし、2016年に起業。
    現在は日米欧の企業へのエンターテック領域の事業戦略、事業開発、海外展開のコンサルティング事業に加え、日中のスタートアップのアドバイザーも務める。
    "エンターテックはカルチャーを創る"がビジョン

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    12:0013:00
    LE-2
    新時代の音楽ビジネス
    ライブ・エンターテイメント

    ストリーミングからヒットを生む新時代の音楽ビジネス

    (株)トイズファクトリー クリエイティブ本部 クリエイティブ1 部長 兼 VIA レーベル・ヘッド 松崎 崇

    (株)ソニー・ミュージックエンタテイメント デジタルコンテンツ本部GSチーム チーフ 屋代 陽平

    音楽ジャーナリスト 柴 那典
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    ストリーミングとSNSの浸透により国境を超えグローバル化しつつある現代の音楽ビジネス。同時に、多くの楽曲があふれる中でどう発見され、ファンを生み出すかが重要になっている。デジタル配信時代のレーベルの役割、アーティストとの関係とは。Spotifyにて「2021年に海外で最も再生された日本のアーティスト」1位となったYOASOBIと、同じく「海外で最も再生された日本の楽曲」1位のEveやマカロニえんぴつを手掛ける両スタッフが語り合う。

    <講演者プロフィール>
    ●松崎 崇
    1982年10月2日生まれ。トイズファクトリーにてEve、マカロニえんぴつのA&Rを担当。2020年ストリーミング特化型アーティストにフォーカスした新レーベルVIAを立ち上げた。VIAには現在りりあ。、TAKU INOUE、羽生まゐご、WON、ケチャップ、Midnight Grand Orchestraが所属している。

    ●屋代 陽平
    2012年ソニーミュージックグループ入社。音楽配信ビジネスを経たのち、社内の新規事業創出や社外スタートアップとの協業・連携推進業務を経て、2017年に新規事業として小説投稿サイトmonogatary.comを立ち上げ。2019年、同サイト内の企画として小説を音楽にするユニットYOASOBIのプロジェクトを立ち上げる。

    ●柴 那典
    1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。
    ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。
    主な執筆媒体は「AERA」「ナタリー」「CINRA」「MUSICA」「リアルサウンド」「ミュージック・マガジン」「婦人公論」など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。
    著書に著書に『平成のヒット曲』(新潮社)、『ヒットの崩壊』(講談社)、『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)、共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)がある。
    ブログ「日々の音色とことば」http://shiba710.hateblo.jp/ Twitter:@shiba710

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    10:0011:00
    LE-3
    ファンとアーティストをつなぐグッズ戦略
    ライブ・エンターテイメント

    ECポータル「ARTISTSTORE.JP」が グローバルプラットフォームとの連携で実現するアーティストグッズ販路拡大

    (一社)日本音楽制作者連盟 理事長/(株)ヒップランドミュージックコーポレーション 代表取締役社長 野村 達矢

    アーティストグッズEC協議会 会長/(株)テイパーズ 代表取締役社長 森 髙幸

    アーティストグッズEC協議会 副会長/(株)Fanplus 代表取締役社長 佐藤 元
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    サブスク時代になり音楽の視聴スタイルが劇的に変化しているなか、国内のグッズ販売チャネルはライブ会場と公式ECのみという状況に対し、グローバルな音楽サービスと紐づいた進化で、もっと国内外のファンにグッズを届けられないか、という想いから「ARTISTSTORE.JP」は誕生しました。この取り組みを通して見えてきた、グッズECにおける課題と今後の展開について紹介します。

    <講演者プロフィール>
    ●野村 達矢
    一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長、株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長執行役員
    1962年生まれ 86年、明治大学卒業後、渡辺プロダクション入社、89年、ヒップランドミュージックコーポレーションに移籍し、BUMP OF CHICKEN、サカナクション、KANA-BOONなど、ロックバンドを中心に数々のアーティストの発掘・プロデュース及びマネージメントに携わる。2019年に、代表取締役社長執行役員に就任。音制連では、2007年に理事に就任後、2017年に常務理事に就任。2019年6月、理事長に就任した。

    ●森 髙幸
    1984年にファンクラブビジネスに初めて携わり、1991年にテイパーズを設立。
    通算37年間に亘りファンクラブ業務、物販、チケット販売などのファンエンゲージメントサービス一筋に芸能界の縁の下の力持ちを目指し今日に至る。

    ●佐藤 元
    1993年、株式会社大広入社。その後、株式会社 エフエム東京、株式会社サイバードを経て2006年、ONPOO株式会社 代表取締役就任。2007年にエキサイト・ミュージックエンターテインメント株式会社取締役に就任。2010年、EMTG株式会社(現商号:株式会社Fanplus)取締役副社長に就任し、2019年より代表取締役を務める。アーティストとファンをつなぐ、オンラインとリアルの魅力を掛け合わせたITサービスを日々追求している。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    12:0013:00
    LE-4
    舞台ビジネスの可能性
    ライブ・エンターテイメント

    舞台業界におけるビフォアコロナ、アフターコロナ 〜有史以来初の横断型ネットワークが見据える未来の裾野〜

    劇作家・演出家・役者 (一社)緊急事態舞台芸術ネットワーク 代表理事 野田 秀樹

    弁護士・ニューヨーク州弁護士 日本大学藝術学部・神戸大学大学院・iU客員教授 (一社)緊急事態舞台芸術ネットワーク 理事 福井 健策

    (有)ゴーチ・ブラザーズ 代表取締役/(一社)緊急事態舞台芸術ネットワーク 理事 伊藤 達哉

    演劇ジャーナリスト 徳永 京子
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    初めて業界横断型の組織として発足された「緊急事態舞台芸術ネットワーク」を通して、コロナ禍で舞台業界が直面した問題への課題解決や、ネットワーキングがもたらした連帯の重要性、さらにこれからの新しい演劇の生態系と劇場の在り方の可能性を紐解きます。

    <講演者プロフィール>
    ●野田 秀樹
    劇作家、演出家、役者。1955年長崎県生まれ。76年東京大学在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成。92年解散。ロンドン留学を経て93年に「NODAMAP」を設立。『パンドラの鐘』『THE BEE』『「Q」:A Night At The Kabuki』『フェイクスピア』など、数々の話題作を発表。歌舞伎やオペラの脚本・演出も手掛け、演劇界の旗手として国内外問わず、精力的な活動を展開。0910月、名誉大英勲章OBE受勲。09年度朝日賞受賞。116月、紫綬褒章受章。

    ●福井 健策
    弁護士(日本・ニューヨーク州)/日本大学芸術学部・神戸大学大学院・iU 客員教授
    東京大学法学部卒。米国コロンビア大学法学修士。現在、骨董通り法律事務所 代表パートナー。
    18歳の著作権入門」(ちくまプリマ新書)、「ロボット・AIと法」(共著・有斐閣)、「エンタテインメント法実務」(編著・弘文堂)ほか。
    多くのコンテンツ企業・クリエイターの顧問、内閣府知財本部・文化庁ほか委員、デジタルアーカイブ学会・ELN理事、緊急事態舞台芸術ネットワーク常任理事、日本文学振興会評議員などを務める。
    https://www.kottolaw.com  Twitter: @fukuikensaku

    ●伊藤 達哉
    早稲田大学在学中に演劇活動を開始。2004年に劇団制作部を法人化し、有限会社ゴーチ・ブラザーズを設立し代表を務める。アーティストのマネジメント事業のほか、松居大悟、中屋敷法仁ら若いクリエイターとのプロデュース公演なども積極的に行い、舞台「黒子のバスケ」や舞台「文豪ストレイドッグス」といった2.5次元コンテンツの舞台をはじめ、ジョナサン・マンビィ、リチャード・トワイマンら英国の新進演出家と定期的にワークショップや作品づくりに携わる。舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM) 理事 、「緊急事態舞台芸術ネットワーク」理事、桜美林大学非常勤講師。

    ●徳永 京子
    朝日新聞首都圏版、演劇専門誌「act guide」をはじめ、雑誌やweb媒体に劇評、レビュー、インタビュー、解説などを寄稿。ローソンチケットの演劇サイト『演劇最強論-ing』企画・監修・執筆。2009年より東京芸術劇場企画運営委員。才能ある若手劇団を紹介する「芸劇eyes」、「eyes plus」、「芸劇eyes番外編」などを立案し企画コーディネーターを務める。2015年よりせんがわ劇場演劇コンクールアドバイザー。2019年より読売演劇大賞選考委員。2020年よりかながわ短編演劇アワード審査員。著書に『演劇最強論』(藤原ちからと共著)、『我らに光を──さいたまゴールド・シアター 蜷川幸雄と高齢者俳優41人の挑戦』、『「演劇の街」をつくった男 - 本多一夫と下北沢』。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    16:0017:00
    LE-6
    コロナ禍における野外フェス
    ライブ・エンターテイメント

    (株)サンデーフォークプロモーション コンサート本部 副本部長 第3制作部部長 間瀬 光太郎

    (一社)コンサートプロモーターズ協会 常務理事 長井 延裕
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    12:0013:00
    LE-7
    先端ライブ演出
    ライブ・エンターテイメント

    次世代ステージ演出  ~観客を惹きつける仕掛けと制作の裏側~

    アーティスト/インタラクションデザイナー 真鍋 大度

    (有) キャビア 映像ディレクター 田中 裕介
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    Perfumeをはじめとしたライブ・ステージ演出技術の開発で知られる真鍋大度氏と、サカナクションのオンラインライブで独自の世界観を創り上げた田中裕介氏による対談。コロナ禍で注目されたオンラインライブ配信の、単なるリアルライブの代替ではない、新しい可能性とは?リアルとオンラインの掛け合わせによってさらに広がるエンターテイメント体験の可能性を語る。

    <講演者プロフィール>
    ●真鍋 大度
    アーティスト、プログラマ、DJ。
    2006年Rhizomatiks 設立。
    身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、様々な領域で活動している。

    ●田中 裕介
    1978年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。 ピラミッドフィルム企画演出部を経て2007年よりキャビアに参加。 秀逸なデザインセンスと映像制作のスキルに遊び心を加味した独創性を武器に、CMやMusicVideoなどの映像演出を基軸に、舞台演出、空間デザイン、アートディレクションなど幅広い分野で活躍。コロナ禍で発表したサカナクション"SAKANAQUARIUM 光 ONLINE”や、その後に発表したオンラインライブではMusicVideoさながらの巧みな演出を生配信するという前代未聞の手法が話題となり注目された。またOK GO「Obsession for Smoothness」では、567台ものプリンターを用いた驚きの演出方法で世界中から注目を浴び、ADC賞、Cannes Lions ゴールドなどを受賞するなど、国内外の賞歴も多数。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    14:0015:00
    LE-8
    スタジアム・アリーナから始まる地域活性化
    ライブ・エンターテイメント

    おいしいスタジアム ~スポーツ・文化・エンタテインメント✕地域の魅力✕経済活性化のアイコンとして~

    (一社)コンサートプロモーターズ協会  会長/(一社)Entertainment Committee for STADIUM・ARENA 副会長 中西 健夫

    カフェ・カンパニー(株) 代表取締役社長/(株)グッドイートカンパニー 代表取締役社長 CEO/Entertainment Committee for STADIUM・ARENA 理事 楠本 修二郎

    (一社)コンサートプロモーターズ協会  常務理事/(一社)Entertainment Committee for STADIUM・ARENA (ECSA) プロデューサー 長井 延裕
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    14:0015:00
    LE-9
    ファンエンゲージメント
    ライブ・エンターテイメント

    リアル×デジタルで高まるファンエンゲージメント

    SHOWROOM(株) 代表取締役社長 前田 裕二

    KDDI(株) パーソナル事業本部 サービス統括本部 副統括本部長 繁田 光平
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演者プロフィール>
    ●前田 裕二
    1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。
    株式市場において数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。
    その後、0→1の価値創出を志向して起業を検討。事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった
    株式会社DeNAのファウンダー南場智子氏に相談したことをきっかけに、13年5月、DeNAに入社。同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年8月に会社分割によりSHOWROOM株式会社設立。
     現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、「SHOWROOM」事業、ならびに2020年10月にローンチしたバーティカルシアターアプリ「smash.」事業を率いる。
    2017年6月には初の著書『人生の勝算』を出版し累計11万部超のベストセラー。近著の『メモの魔力』は、発売2日で17万部、現在75万部突破(電子版含む)。

    ●繁田 光平
    1999年現KDDI入社。2012 年より新規ビジネス推進本部 au スマートパス推進部長を務め、au スマートフォン向けサービス「auスマートパス」の立ち上げなどに従事。
    2016 年よりライフデザイン事業本部(現パーソナル事業本部)にて新事業における戦略立案、事業開発などを努める。
    また株式会社ナターシャ、SHOWROOM株式会社、TELASA株式会社、株式会社スペースシャワーネットワークの社外取締役を兼任。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    イベント総合EXPO 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    10:0010:45
    JE-1
    企業のイベント活用  ※日英同時通訳
    イベント

    店頭イベントを軸とした、イケアのオムニチャネルコミュニケーション

    イケア・ジャパン(株) カントリーマーケティングマネジャー ムリナル・シンハ
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演者プロフィール>
    インド出身。2012年に来日し、グローバルメディア企業に入社。2018年にイケア・ジャパン入社後、インテグレイティッドメディアマネジャーと CRM マネジャーを経て、2021年より現職。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    イベント総合EXPO 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    14:0014:45
    JE-2
    テーマパークの SNS活用
    レジャー・アミューズメント

    コロナ禍を乗り越えるサンリオピューロランド流ファンコミュニケーション

    (株)サンリオエンターテイメント 営業部 ゼネラルマネージャー 志賀 優子
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    2度の臨時休館、来場人数の制限などコロナ禍においてサンリオピューロランドにお越しいただく機会が減った中、ファンとのコミュニケーションをどのように変化していったのか、具体的な事例を元にご紹介します。

    <講演者プロフィール>
    デザインプロダクションでディレクター経験を積み、2007年にWebインテグレーターの会社に転職。企業のデジタルプランニング、ディレクションに従事。16年からサンリオエンターテイメントのマーケティング課において広報マーケティング、プロモーショングループを統括。18年4月からサンリオのマーケティング本部に転籍し、現在も兼務でピューロランドのマーケティングを担当している。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    イベント総合EXPO 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    10:0011:00
    JE-3
    時代に求められるイベントづくり
    イベント

    これからの時代に必要な「PRODUCE力」とは

    (株)グローバルプロデュース 代表取締役社長 クリエイティブディレクター 光畑 真樹
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    これからの時代は「あらゆる才能」や「要素」を掛け合わせて新しい価値を創造するプロデュース能力が企業にも個人にも求められている。リアル×オンラインを「効果的」に組み合わせる事でHYBRID EVENTを市場に打ち出しているGLOBAL PRODUCE代表による講演。音楽やエンターテインメントだけでなくより幅広くPRODUCEを語る。繋がる事を心より願って。

    <講演者プロフィール>
    JTB グループでイベントプロデュースに従事した後、 2012年4 月に株式会社グローバルプロデュースを創業 。
    イベント業界のプロフェッショナルを集め、プロデューサー集団を創り上げる 。
    全社で国内外年間100 本以上のイベントを企画制作している。
    個人としては5000 人から 2 万人規模の大型コンベンションのステージ演出を得意とする。
    数千人規模の企業が主催する社内イベントやPR イベントも数多く手掛けている。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information

    ハイブリッドイベントの可能性 リアル・オンラインの融合と使い分け

    (株)EventHub 代表取締役 CEO 山本 理恵
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    ワクチン接種率や政府の方針に伴い、コロナ禍でのイベント開催は日々変化しています。2020年以降急速にオンライン化が進んだイベント業界は今、リアルの揺り戻しやハイブリッド開催のトレンドなど変化の時を迎えています。リアルイベントはどれだけ戻るのか?リアルとオンラインはどう使い分ければいいのか?そもそもハイブリッドイベントとは?イベント業界の今、そして今後を知りたい方必見です。

    <講演者プロフィール>
    米国ロードアイランド州ブラウン大学経済学部・国際関係学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー サンフランシスコ支社に入社し、金融・医療・パブリックセクターのプロジェクトに従事。在籍中に認定特定非営利活動法人Teach For Japanへ出向する。 
    2016年に株式会社EventHubを設立。前身となるサービスの開発を経て、2019年に「EventHub」をリリース。2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大によってオンラインイベントが急増したことを受けて、オンライン配信機能をリリース。これまで300社以上で導入、累計30万人に利用いただき、2021年にはイベント管理ツールシェアNo.1を獲得した。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    イベント総合EXPO 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    12:0012:45
    JE-4
    レジャー&テーマパーク復活のカギ!DX推進
    レジャー・アミューズメント

    レジャー施設がテクノロジーで変わる!今こそ必要なDX推進とは

    アソビュー(株) 取締役執行役員CRO 米山 寛
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    DX推進の一丁目一番地は「売上・利益の拡大」です。 DX推進によって業務効率が向上しコストカットが、マーケティングコストの最適化で売上の拡大が実現できます。それぞれ、個社ごとのDX推進事例を交えつつ、Withコロナ、Afterコロナを見据えたレジャー施設運営をご紹介します。

    <講演者プロフィール>
    新卒でエン・ジャパン株式会社に入社。大手〜ベンチャー企業の人材採用支援に従事。営業マネージャー、関西支社長を経験した後、サブスクリプション型研修サービスの新規事業責任者に。2013年1月Yahoo! JAPAN子会社(当時)の株式会社インディバルに入社。事業責任者を経て、2015年5月アソビュー株式会社入社。取締役執行役員CROとしてSaaS事業と営業部門を担当しています。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    イベント総合EXPO 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    10:0011:00
    JE-5
    SNS活用で成功するイベント集客
    イベント レジャー・アミューズメント

    進化するSNS活用!イベント・キャンペーンの効果検証

    (株)メンバーズ メンバーズグッドコミュニケーションズカンパニー グループ長 福島 享之
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    企業と顧客との接点として欠かせなくなってきた「SNSマーケティング」。集客施策としても重要な役割を持つなかで、企業の一方的な情報発信にとどまっている点も課題になっています。集客効果を向上させるためのポイントから効果測定までを解説いたします。

    <講演者プロフィール>
    2007年エイチ・アイ・エス入社。 本社WEB事業部にて、WEB制作、広告制作、海外支店向けのFacebookアカウントを開設を通じてSNS担当などに従事し、2014年にメンバーズへ入社。企業のSNSアカウント運用支援、SNS広告、さらにはSNSを活用したマーケティング支援としてユーザーコミュニケーション設計や戦略立案などのコンサルティングを行っている。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information

    DXを活用して、リアルな体験価値を届ける森美術館のイベントマーケティング

    森ビル(株) 文化事業部 業務推進部 広報プロモーション担当 シニアエキスパート 洞田貫 晋一朗
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    SNSの情報が主な来館きっかけとなっている森美術館。Instagram、Twitter、Facebook、TikTokなど様々なSNSを活用し情報発信を続け、常にユーザーの注目を集めています。集客に直結する施策とともに、コロナ禍だからこそ、「いつか森美術館に行きたい」という気持ちを作るデジタルの情報発信についてお話します。

    <講演者プロフィール>
    1979年生まれ。東京都出身。2006年、森ビル株式会社入社 六本木ヒルズの展望台、ギャラリーの企画・運営、広報などを経て、 現在は、SNSフォロワー60万を抱える森美術館のマーケティング担当 SNSの運用についてセミナー講演も多数 著書『シェアする美術 森美術館SNSマーケティング戦略』(翔泳社) Forbes JAPANが選ぶトップインフルエンサー50に選定(森美術館・2019年)

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    イベント総合EXPO 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    16:0016:45
    JE-6
    人気テーマパークの集客・成長の秘訣
    レジャー・アミューズメント

    東日本のクローズ型遊園地で年間来園者数最多!よみうりランドの魅力とは

    (株)よみうりランド 取締役 遊園地事業担当 北原 融
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    コロナ禍において、遊園地は笑顔になれる場所として大切な役割がある改めて気がつかされました。本講演では、10年間で年間来園者数約60万人からピークでは180万人を超える集客をしてきた「よみうりランド」の魅力について、コロナ禍での気づきを含め紹介する。

    <講演者プロフィール>
    1988年株式会社よみうりランド入社、2007年より遊園地支配人として改革に着手し、10年間で来園者数を3倍に。現在は取締役遊園地事業担当 2021年東日本遊園地協会理事長就任

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共 Week 基調講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    09:3010:15
    GP-K
    地方創生への国家施策
    基調講演 地方創生 自治体DX

    ポストコロナにおける地方創生への取り組み  ~デジタル田園都市国家構想を軸として~

    デジタル田園都市国家構想担当大臣 若宮 健嗣
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    12:0012:45
    GP-1
    ゼロカーボンシティ実現への取り組み
    スマートシティ

    脱炭素の取組で進める地域の活性化

    環境省 大臣官房 地域脱炭素推進総括官 上田 康治
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    2050年カーボンニュートラルの実現に向け、政府は、2030年までに少なくとも100箇所の脱炭素先行地域を創設することとしています。本講演では、令和4年度予算や今国会に提出した温暖化対策法改正法案の内容も踏まえ、環境省における地域脱炭素政策を解説します。

    <講演者プロフィール>
    平成元年に東京大学経済学部卒業後、同年環境庁入庁。外務省在米国日本大使館勤務も経て、平成20年には環境省リサイクル推進室長に着任、以降、同省市場メカニズム室長、環境安全課長、総合環境政策局総務課長、自然環境局総務課長、大臣官房秘書課長を歴任。平成30年には大臣官房審議官に着任し、令和3年7月、地域のカーボンニュートラル・脱炭素施策を総括する地域脱炭素推進総括官に着任。現在に至る。広島県出身。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    14:0014:45
    GP-2
    新時代の地域活性化戦略
    地方創生

    リトルで利取る ~鳥取県からの挑戦~

    鳥取県 知事 平井 伸治
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    「幸せのかたち」が変わってきた今、自然や人と人の絆、ゆとりのある時間など都会にはない鳥取県の資源に注目が集まっている。全国に先駆けた地方創生、福祉や子育てなど、小回りを利かせた住民目線と現場主義による独自の挑戦を語る。

    <講演者プロフィール>
    平 井 伸 治 (ひら い しん じ)昭和36年9月17日生。昭和59年3月、東京大学法学部卒業。同年4月、自治省入省。同、財政局地方債課。同年7月、兵庫県地方課。昭和61年7月、自治省自治大学校研究部。昭和62年8月、同選挙部管理課。昭和63年4月、同選挙部選挙課。平成2年4月、福井県市町村課長。平成4年4月同財政課長。平成5年8月、自治省選挙部政治資金課課長補佐。平成6年10月、同選挙部政党助成室課長補佐。平成7年9月、同大臣官房総務課課長補佐として米国派遣、アメリカ合衆国連邦選挙委員会。平成8年1月、カリフォルニア大学バークレー校政府制度研究所客員研究員。同年4月、自治省財政局調整室課長補佐。平成9年4月、同税務局府県税課課長補佐。平成11年4月同税務局企画課理事官。同年7月、鳥取県総務部長。平成13年6月、同副知事。平成17年4月、総務省自治行政局選挙部政治資金課政党助成室長。平成18年4月、自治体国際化協会審議役。同年6月、同ニューヨーク事務所長。平成19年2月、総務省退職。同年4月、鳥取県知事選挙初当選、鳥取県知事就任。平成23年4月、鳥取県知事選挙再選(2期目)。平成27年4月、鳥取県知事選挙再選(3期目)。平成31年4月、鳥取県知事選挙再選(4期目)。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年06月29日(水)
    16:0016:45
    GP-3
    自治体DXの先進事例
    自治体DX

    自治体DXのゼロイチ  ~人口3,000人の町の挑戦と実践~

    福島県磐梯町 CDO(最高デジタル責任者) 菅原 直敏
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    新型コロナウイルス感染症が拡大する前夜、2019年11月、全国の自治体で初めて最高デジタル責任者を設置して、DX(デジタル変革)を開始した磐梯町。現在と違い、国の指針も社会の理解もない中で、試行錯誤してきた自治体DXのゼロイチについてお話しします。

    <講演者プロフィール>
    2019年、福島県磐梯町において、自治体初のCDO(最高デジタル責任者)に就任。2020年、愛媛県 デジタル総合戦略の策定に関わり、2021年より愛媛県・市町DX推進統括責任者とし、20市町のDX を支援。両自治体における取り組みは、総務省の「自治体DX推進手順書参考事例集【第1.0版】」 においても取り上げられている。一般社団法人Publitechの代表理事として、テクノロジーで人々を エンパワメントするという理念の下、全国の自治体関係者に対して啓発講演を実施。福島県磐梯町 CDO(最高デジタル責任者)/愛媛県・市町DX推進統括責任者/一般社団法人Publitech代表理事/株式会社MAIA取締役

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    10:0010:45
    GP-4
    スマートシティ最前線
    スマートシティ

    スマートシティ実現に向けた地域新MaaS創出推進事業の現状と今後の方針

    経済産業省 製造産業局自動車課ITS・自動走行推進室 室長 福永 茂和
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    これまで3年間の地域新MaaS創出推進事業を通じ、地域のモビリティサービスに関する取組の成果や課題は一定程度蓄積されてきた。今後の社会実装・横展開に向けては、事業を通じて得られた事業性・社会受容性・体制面など共通した課題を整理し、地域にフィードバックすることで、社会実装や全国横展開のモデルとなる先進事例の創出をはかる。また、地域において、モビリティデータを有効に活用し、全体最適的にオペレーションする「MaaSコーディネーター」の創出を目指す。

    <講演者プロフィール>
    2002年に経済産業省入省後、自動車産業、エネルギー、国際標準化、クールジャパンなどの政策に携わり、米国留学、在上海日本国総領事館領事、在中国日本国大使館参事官などを経て、2021年7月より現職。ITS・自動走行、MaaSなどの推進に取り組み、同年9月より自動運転レベル4等の先進モビリティサービスの実現・普及を目指すプロジェクト「RoAD to the L4」を立ち上げた。また、内閣府科学技術・イノベーション推進事務局SIP自動運転サブリーダーも務める。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    12:0012:45
    GP-5
    地域の観光づくり
    地方創生

    ポストコロナを見据えた 地域観光づくり

    観光庁 観光地域振興部 観光地域振興課 観光地域づくり法人支援室長 後藤 章文
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    人口減少・少子高齢化が進む我が国においては、インバウンドの誘客等により、観光交流人口や観光消費額の拡大が必要である。特に、人口減少が進む地方において、観光地域づくり法人(DMO)等を中心に、地域の多様な魅力を活かした観光資源の磨き上げや受入環境整備等を戦略的に行い、地域の活性化につなげていくことが重要である。

    <講演者プロフィール>
    1999年、運輸省(現国土交通省)入省。在中国日本国大使館参事官(観光担当)、航空局空港経営改革推進室長等を経て、2021年8月より現職。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年06月30日(木)
    14:0014:45
    GP-6
    教訓から取り組む地域防災
    地域防災

    「防災環境都市・仙台」の挑戦 ~復旧・復興から未来へ~

    宮城県仙台市 市長 郡 和子
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    M9.0の巨大地震と、千年に一度ともいわれる大津波で被災した唯一の100万都市として、東日本大震災からの経験と教訓を踏まえ、「杜の都」の豊かな環境も生かしながら取り組みを進めている「防災環境都市」づくりを紹介。

    <講演者プロフィール>
    昭和54年3月、東北学院大学経済学部卒業。同年4月に東北放送株式会社入社。解説委員、報道制作局部長を務める。平成17年9月、衆議院議員選挙で初当選(以降、4期連続当選)。平成23年9月に内閣府大臣政務官、東日本大震災復興対策担当大臣政務官、平成24年2月に内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官を歴任。平成29年8月、第35代仙台市長(1期目)に就任。平成3年8月、第36代仙台市長(2期目)に就任。現在に至る。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    09:3010:15
    GP-7
    自治体DX推進施策
    自治体DX

    デジタル構造改革の現状と今後の展望

    デジタル庁 統括官 国民向けサービスグループ長 村上 敬亮
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    デジタル田園都市国家構想の実現、デジタル臨時行政調査会によるデジタル構造改革の推進など、岸田政権は、デジタルによる日本の改革を強力に推し進めようとしている。その取組の最前線と、自治体の皆さんに期待する取組について、最新の状況を踏まえ解説する。

    <講演者プロフィール>
    1967年東京都出身。1990年通商産業省入省。IT政策、クールジャパン戦略の立ち上げ、COP15,16等の温暖化国際交渉、再エネの固定価格買取制度創設等に従事。2014年より内閣官房・内閣府で地方創生業務に従事し2020年7月より中小企業庁経営支援部長。2021年7月より内閣官房IT総合戦略室内閣審議官、9月より現職。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    12:0012:45
    GP-8
    未来を創る地域防災
    地域防災

    頻発する自然災害に対する備えについて

    熊本県人吉市 市長 松岡 隼人
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    令和2年7月豪雨災害を受けて各人が自分の命や住まいなどに対するリスクを正しく理解し、どのタイミングで命を守る行動を起こすかを今回の災害がどのようにして起きたのかを検証し、同じ過ちを繰り返さないよう日頃から準備し安心安全の向上のため、災害を受けて経験したことを次の備えと心構えについてお話します。

    <講演者プロフィール>
    【名 前】 松岡 隼人(まつおか はやと)
    【生年月日】昭和52年7月24日
    【学 歴】 熊本大学教育学部卒
    【略 歴】 平成13年 熊本大学教育学部卒
          平成19年 人吉市議会議員(2期)
          平成27年 人吉市長(現在2期目)

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    自治体・公共Week 特別講演
    無料
    2022年07月01日(金)
    14:0014:45
    GP-9
    スマートシティの先進事例
    スマートシティ

    「スマートシティ会津若松」の現在地と今後の展望

    福島県会津若松市 市長 室井 照平
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    会津若松市では、人口減少や地域経済の低迷などの課題に対応するため「スマートシティ会津若松」の取り組みを進めている。前例にとらわれず幅広い分野でICTを活用したまちづくりを進め、デジタル時代の地方創生のモデル都市として地域課題の解決に挑む。

    <講演者プロフィール>
    1955年生まれ、会津若松市出身。東北大学経済学部経営学科卒業。1999年4月より会津若松市議会議員を2期、2006年11月より福島県議会議員を1期務める。2011年8月より現職、1期目より「スマートシティ会津若松」を推進し、現在3期目。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    ライブ・エンターテイメントEXPO 技術セミナー
    2022年06月29日(水)
    11:0012:30
    L-T1
    オンライン配信
    <音響・照明> 技術セミナー

    オンライン配信の音声

    マイクロサウンド 代表 須藤 高宏
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    オンライン配信における音声の取り扱いの現状を、幾つかの現場を参考に音声の大切さを解説します。

    <講演者プロフィール>
    1990年から録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営、各種録音編集制作、音響業務に携わる。現在は配信収録音声にも関わり、各種イベント配信収録音声を担当している。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    4,000円(税込)6,000円
    ※早期割引適用中:2022/06/17まで
    ライブ・エンターテイメントEXPO 技術セミナー
    2022年06月29日(水)
    13:3015:00
    L-T2
    リモートプロダクション
    <音響・照明> 技術セミナー

    デジタル伝送とリモートプロダクションの現状

    オタリテック(株) 柏原 利徳
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    現在の放送番組制作では、会場内や国内のみならず、海外を拠点とし、デジタル伝送を利用したリモートプロダクション(遠隔制作)が行われています。それらを技術的な側面から紹介します。

    <講演者プロフィール>
    2011年から音響機器メーカーの製品開発テスター・ユーザーサポート業務を経て、2019年オタリテック株式会社に入社。映像/音声伝送装置のエンジニアとして、さまざまなプロジェクトに参加している。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    4,000円(税込)6,000円
    ※早期割引適用中:2022/06/17まで
    ライブ・エンターテイメントEXPO 技術セミナー
    2022年06月29日(水)
    16:0017:30
    L-T3
    音響機器知識
    <音響・照明> 技術セミナー

    音響機器本来の性能を発揮させる知恵と技術

    TOA(株) エンジニアリング部 技監 松本 泰
    講演内容を詳しく見るView detailed information

    <講演概要>
    音響機器にとって最も重要であるAC電源の正しい知識とともに、「診断士でなく治療士になれ」をモットーに本来の音を鳴らすための秘訣を指南します。

    <講演者プロフィール>
    1982年に東亜特殊電機株式会社(現 TOA株式会社)入社。1990年にはウイーン国立劇場納入のデジタル音響調整卓の調整を担当。1991年の世界陸上大会などの音響を担当している。2021年日本音響家協会賞を受賞。

    閉じる
    講演内容を詳しく見る View detailed information
    このセミナーを選択 選択中
    4,000円(税込)6,000円
    ※早期割引適用中:2022/06/17まで
    ライブ・エンターテイメントEXPO 技術セミナー
    2022年06月30日(木)
    11:0012:30
    L-T4
    舞台・テレビ照明と映像演出
    <音響・照明> 技術セミナー

    (仮題)「ライブ現場に於けるXRの可能性」

    (公社)日本照明家協会 技術委員会シンポジウム (公社)日本照明家協会 技術委員 
    このセミナーを選択 選択中
    4,000円(税込)6,000円
    ※早期割引適用中:2022/06/17まで
    ライブ・エンターテイメントEXPO 技術セミナー
    2022年06月30日(木)
    14:0015:30
    L-T5
    事例に学ぶ安全作業
    <音響・照明> 技術セミナー

    演出空間って不思議な空間!

    (株)パシフィックアートセンター 安全衛生管理室長 ゼネラルマネージャー 亀山 詔一

    (株)東京舞台照明 ライティング事業部 課長 飯田 篤志

    (有)ハロ/HALO Co. 代表取締役社長 小平 典夫

    (公社)日本照明家協会 安全委員 片野 豊

    (公社)日本照明家協会 技術委員長 林 之弘
    このセミナーを選択 選択中
    4,000円(税込)6,000円
    ※早期割引適用中:2022/06/17まで
※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容に多少の変更がある場合、およびテキスト配付の無い場合もございます。あらかじめご了承ください。
PAGE TOP